肌に刺激を与えない様に化粧水を浸透させるには手の平でラッピングする様に抑えるハンドプレスがオススメです

角栓や毛穴汚れを取るのも、毛穴を小さくするのに必要なプロセスです。
しかし、洗顔後のスキンケアが充実していないと、肌がふっくらして毛穴を小さくする効果が出ません。
そこで保湿の方法に関して考えていきましょう。

化粧水の浸透に関しては、コットンに染みこませてパッティングする方法が昔から利用されていました。
ところが最近オススメされている方法は全く違いますね。
コットンで叩けば叩くほど肌に美容成分が浸透すると思われていましたが、コットンを使用しない方法がスタンダードになりました。


パタパタと叩くのも実は肌に負担がかかっていて、ダメージが蓄積する
と言われます。
そこでハンドプレスをして浸透させてみましょう。
手の平に毛穴対策用の化粧水を取って伸ばしたら肌につけます。
つけた後は、手の平の温度で押し込むようにして10秒をカウントして下さい。
気になるところには2度付けでプレスすると効果が高くなります。
浸透しきると、肌が手の平に吸い付く感じが出ますので、この状態になれば保湿は十分だと思って良いでしょう。

黒ずみやイチゴ鼻など、とにかく洗顔で詰まりを洗い流さないといけない強迫観念がある様ですが、毛穴洗顔だけに執着していても毛穴トラブルを解消しにくいですね。
赤ニキビにならないためにも必死に角栓除去をしている姿も見ますが、一生懸命悪化させている様に思えます。
ごしごし擦るのではなく、吸着成分の入った洗顔フォームで優しくしっかり洗うのが毛穴ケアの基本です。
クレンジングも黒ずみがなくなるまで擦っていては肌トラブルになりかねません。
人の手の力ではなく、洗顔石けんの汚れ吸着力が高ければ、間違えた洗顔を避けることが出来ます。
泥の効果で毛穴をキレイにしながら引き締め効果を出す毛穴洗顔石けんもありますので、アイテムを厳選しましょう。

毛穴向けの洗顔が出来れば、角質も整って化粧水をハンドプレスする効果が生きてきます。
特に毛穴向け洗顔料が毛穴をキレイにしている程、グングンと化粧水を吸い込んでいき、肌がふっくらするのを実感できます。
古い角質も除去出来ているのに、コットンで化粧水をパッティングすると、刺激を感じた肌が、また角質で肌を守ろうとしてしまいます。
毛穴改善の妨げにもなるので、パッティングではなくハンドプレスの方がオススメです。

洗顔も保湿も肌が刺激を感じない方法で進めていると、自然に健康な状態を取り戻していきます。
毛穴対策の結果も出やすいので、効率の良い方法を選びましょう。