汚れが残ったままで毛穴を引き締めようとすると黒ずみ毛穴として残る可能性があります。

毛穴を引き締めるのに冷水で洗顔をするのはオススメです。
しかし、中に汚れや角栓が残ったままで肌を引き締めても、毛穴が詰まったままなので、黒ずみが取れることはありません。

そこで、洗顔の前に肌をお湯で温めて、毛穴を広げてから汚れを取る様にしましょう。
お湯と言っても、ぬるま湯程度の温度で、ゆっくりと顔を洗って下さい。
段々肌が温まって毛穴が緩み始めますので、この段階で洗顔料を使用します。
出来れば汚れ吸着力が高いとか、毛穴引き締め洗顔向けで洗顔した方が良いです。
汚れが十分に落ちてから、初めて冷水洗顔をして引き締め効果を出します。
夏など暑い時期には氷水を使うのも良い方法です。
温度に注意しながら、温冷水洗顔を試してみましょう。

あまり温度の高いお湯では乾燥肌になるリスクもあり、最も注意をした方が良いところです。
お湯と洗顔料の組み合わせで、肌に必要な皮脂まで洗い流すので、乾燥肌・敏感肌、そして毛穴トラブルの悪化も予想できます。

雑誌には女優のオススメするスキンケアやホームケアの紹介があります。
ただ、これは「その人の肌には合う」と言うことであり、試しても改善されないなら、他の方法を試した方が良いですね。
中には雑誌の記事は全て正しいと思う人もいる様ですが、ダイエットと同じく肌ケアも、自分に合うものを探さなくてはいけません。
参考にするのは、とても良いことですが、1つの方法に固執した結果、肌トラブルの原因となったと言うこともある様です。

夕方の洗顔ではクレンジングもしますので、化粧汚れが落ちているのかもきちんとチェックして下さい。
クレンジングでは、あまり時間をかけると肌に負担があると聞いて、短時間で済ませる人も多いです。
ところが美容のプロから見ると「え?もうやめるの?」と驚くくらいのクレンジングしかしていないと言うことです。
そうすると化粧汚れは毛穴に残ったままで、冷水洗顔になり、毛穴の中に汚れを閉じ込めたのと同じ状態になると言われています。
この汚れも毛穴の中で炎症を起こして、ニキビの原因にもなります。

冷水洗顔で毛穴を引き締めて良いのは、本当に肌がクリアになったときだけなので、洗顔・クレンジングも正しくしなくてはいけません。
実際にオススメされているクレンジング時間は1分以内です。
しかし、私たちが実践しているのは、もっと短い時間でしかありません。
一度計って確認すると実感できますよ。
このクレンジングがキレイに出来れば、冷水洗顔で毛穴を引き締めるのは、とても有効な方法なのです。